スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、超久々に何か書いてみる。 

いやあ、期間が空きすぎて色々なコトがありマクリで何のコトを書いてよいのやら。

とりあえず発売より1ヶ月と20何日になるかっていうEQ2プレイ歴でございまするが、進めば進むほど面白くなるのよね。まだレベル25だけど、例の経験取得止めによってクエスト三昧。レベル50でキャップ(予定の拡張パックで60まで拡張だってw)で計算上は半分という事になるんだろうけど、上に行けば行くほどレベル上げるスピードは遅くなるので道のり的には5分の1すら行ってないんじゃないかって匂いがしまする。50キャップ到達してからが本番だとも聞くし・・・まだ最初の島をやっと半分以上は遊んだかなぁなんてレベルだし・・・

もうね、これはハンパないゲームですヨ。
気の遠くなるような数のクエストがバンバン湧いてくるし、同じく気の遠くなるような広くて種類の多い冒険の場所がある。まんま冒険って言葉が禿げしく似合うゲムや。
ただずかずかと乗り込んでいって敵を倒すだけじゃない。周りの物全てに注意を払いながら探索する。怪しい物が転がっていたら近づいて調べてクエストスタートって感じだから、もう皆で駆け寄っちゃう。クエストは謎解きみたいなのも多くて、新しい場所にいって調べられる物を調べるコトによって情報を得てクエストを進められるみたいなのもある。
初めて行く場所にはやたら多くの発見がある。初めてやるゲームだから発見多いのなんて当然かもしれないがとてつもないボリュームなのですわ。

とまぁ、かなりのめり込んで遊びまくってるわけで、更新しないでサボってた間も当然いろんなコトがあったわけです。はい。

フロッグロッククエを終わらせてカエル君作ってみたり。



遠泳してたら謎の入り江発見してみたり。



念願の4本脚の鳥さん倒してみたり。



地下にソロで篭って延々とアイテム探ししてみたり。



でっかいおっさんのパンツ覗き見してみたり。



ウシさんの逆鱗に触れちゃったり。



再び地下に篭って宝箱あさりまくったり。



レア敵(NM)ハンター気取ってみたり。



まぁ生産さぼってるのバレそうだけど、ほんと色々なコトやってたわけでタイクツしないゲムでございます。


んで、タイムリーなネタとして1つ。
ギルドやっと立てちゃいましたyp!
こちらは街役場?で設立直後の様子っす。


んで、EQ2のウリとしてホームページでゲーム内のキャラクタやギルドを見ちゃったりできるというサービスがあるのであります。
んでギルドのメンバーリストなんかも見れちゃうわけです。

完全な暴露でありますが、プライベートの侵害もくそもHPで見れるので暴露されてる面々は気にしちゃなんねえ。

残念ながらキャラクタの中身は、今ユーザーの設定関係のトラブルを抱えてるために一部の人のは見れなくなっております・・・
おいらの様に発売日にクレジットカード決済で申し込んだユーザーの情報が正しく反映されないとか・・・直ればキャラクタの装備とかまで見れるし、おかしくなる前はおいらは冒険の記録ってトコロも公開してたんだけど、そこでさらに色々な情報が見れちゃう。

リアルタイムとまでは行かないけど、項目によっては何時間かで更新されるので面白い機能であります。

スポンサーサイト

画面レイアウトについて 

新ゲームの初期は知り合いに伝えたい事があったりとか、どうしても遊び方や解説的な事が多くなって恐れいりますです。
今日はおいらの画面レイアウトを晒してみちゃいます。

細かいトコロはクリックして拡大よろしくっす。
ブログに貼れるサイズまで品質落としてるので緑や赤の文字が見にくいのはキニシナイ。


エバークエスト2は画面のレイアウトにかなり自由度がありまして、逆に悩みまくるというツラさもあるわけですが・・・
おいらの場合は殆どを画面外の黒部分に追い出してすっきりさせるタイプであります。
この上下の黒部分を無くして全部ゲーム画面のグラフィックを表示して、その上にウィンドウ類を置くという選択もあるけれど、おいらは黒部分は出したままっす。

画面レイアウトで困るのが大体チャットウィンドウで、おいらもしばらくあっちに移したりこっちに移したりしてたんですな。小さくして行数を減らすとチャットを見逃したりという問題があるので大きめにすると、画面操作の時にクリックしてしまって邪魔という問題も出てきてしまうわけです。

そこでまたまた便利機能の出番となるわけで。
チャットウィンドウを増やすという事が出来るんですな。それぞれのチャットウィンドウには表示する内容のフィルターがかなり細かくあるので、おいらのこの場合は上のチャットウィンドウはプレイヤーの会話オンリー、その他を下のチャットウィンドウに、という設定。
これで行数を少なくして激しい戦闘中でログが流れまくろうがTellやグループ会話の見逃しが無くなるわけっす。
戦闘中に会話をすると見逃している人もたまに居るけど、是非教えてあげたい機能っすね。

もうひとつの便利機能に、ウィンドウ類の中身までも全部自分で作りかえる事が出来るという恐ろしいモノまでありまする。ここのブログで言えばスキン編集みたいな感じの機能。
これはUI(ユーザーインターフェース)ビルダーというツールがゲームをインストールすると一緒に入ってるのでこれを使って編集するそうな。基本的にXMLらしく、ちょいと専門知識が必要になったりしますが、自分で作らずとも他の人の作ったものをもらってファイルを置けば使えちゃうので心配ないっす。おいらも得意分野だけど内容を覚える時間がかかるので自作はあきらめて配布して頂いてるものを利用させてもらってます。
経験値のバーにゲーム内時間とリアル時間も表示させたり、数字での表示もしちゃったりという内容盛り沢山のモノもあるけれど、おいらはショートカットのアイコンとバッグのウィンドウのサイズを3/4とコンパクトにするものを使って幸せ噛み締めてまする。
ゲームを終了するとバッグの中身を開く位置がずれるというのも直って、バッグいっぺんに全部開いてもおkkな快適さは素敵なり。



どれくらいのマシンで動くの? 

あちこちで聞かれる事です。

EQ2のゲーム内で知り合った人達も、友達を誘ったけれどPCのマシンスペックが・・・という事でしょんぼりソロってる人達が結構いる。
本当にそんなに高いマシンスペックが必要なんだろうか。
「画面が綺麗だから相当スペック要求しそう」こういうあいまいなので敬遠しちゃってるのはイクナイ。今のグラフィックボードであればその解像度でフルカラーで綺麗な画面を出すのはどれでも出来るっしょ。静止画では判断つかないし、実際動かさないとね。
しかし、対応してるボードじゃなければ勿論動かないらしい。
とりあえず動くかどうかのチェックだけはしないとヤヴァイ。

あとで紹介する4gamerさんのページでもリンクされているけれど
EQ2対応マシンチェックのページ

あとはそれだけじゃ不安ならば実際にキャラ作成だけでも動かしてみるっていうのもある
動かない人はやはりこちらのツールも動かないようであります。
キャラクタークリエイションツール

ちなみにゲーム内でパフォーマンスの設定はかなりの幅で出来るので、とりあえず動いてしまえば重さの調整は出来るといった感じ。
光源や反射、いろいろ高度な描画計算など、高いパフォーマンスにする設定はいくらでもあるけれど、あまり必要は無いような・・・おいらは邪魔なので小さな草の表示とかはポイしちゃってる。

画面オプションについて素敵なページが4gamerさんのこちら
メモリ4Gとか書いてくれるな・・・おいらは1Gだ orz
画面表示オプション設定ガイド

まぁ画面表示を高度にしたら当然高価なPCも重くなりますよって事です。





EQの文化 

FFで最初は、EQと同じように現地(狩場)でのPT勧誘&作成がされるモノだと想定されてたって話がありますね。まあ結局ジュノで希望出し&勧誘という現実が待っていたわけですが。

そう。EQは現地で気軽にグループ勧誘がされるわけでし。
FFでも外国の人は、などという会話もあったけれど、EQ2日本鯖の生粋の日本人の集まりでありますがやはり現地で気軽に拉致されます。これこそEQの文化なんでしょ。

どっかのBBSで誰かがこんな感じの事を言っていた。
「FFから来た人は勘違いしやすいが、レベル上げを目的にグループを組むのが主流なゲームじゃないし、もともと経験値稼ぎのみを目的としたグループを組むゲームってのはそんなに無い。困難なクエストを協力して進める為や一緒に楽しむ為にグループを組むんだよ。」と。

EQ2は名前の通り怒涛のクエストラッシュであります。なんか2000個以上あるらしいです。おいらまだ140個です。序盤だからなのか常時40個以上のクエストを抱え込んでおります。だんだんと1つのクエのボリュームが増してきております。
そのクエストの中で困難なモノを協力して進めたり、ソロでも余裕だけどグループでやれば当然もっと余裕なので協力もします。
ソロでクエを進めに来たけど、他のプレイヤーもいたから気軽に「一緒にやっちゃいましょか」と言えるゲームなのであります。
勿論今は皆始めて間もないわけなので、そのまま怖い所へ冒険ツアーなんてのも極当たり前。序盤の時期のお約束の楽しみとも言えるけど、やはり楽しいもんは楽しいわけで。

素材取りにうろついてて勧誘されたり、蘇生したら拉致されたり拉致したりという事もしょっちゅうあるけれど、今回は勧誘を断らないでグループプレイ中心の日にしてみようという企画であります。

画像はめんどくさい、もといあまり取ってなかったので特に無いけど・・・


始まりは普通に素材集めをしてる時に2名のグループに勧誘される。
「一緒にクエやりませんかー」
お決まりの文句にYesで応える。

そしてクエスト対象の敵を3人で狩る狩る。ひと区切りついてクエストを報告に行った所にソロなねずみさんが。こちらも問答無用で勧誘する。4人になったのでちょっとキツめの所へ行くことにする。

大騒ぎしながら飛び跳ねながら狩りをしながら突き進むと2人連れのグループ発見。
「2人だよ、おい。」「誘っちゃえ誘っちゃえ」
当たり前のように拉致って6人キター。

そしてさらに奥へと特攻になるのでありました。


その後は用事で1人落ちて「補充補充」
2人落ちて「空きあったら混ぜてくださーい」向こうからも来ましたヨ。
人数が欠けているのを見ると、かなりの確率で通りがかりの人が混ぜてコールして来るですねえ。積極的な人達だからってわけじゃなくて、これがEQなんだなという雰囲気が良い。
今までのソロ時から思うと、好きでソロでやってる人も多いのでソロの人に声をかける人達は若干少ないかなって感じ。

結局この日のグループはメンバーをとっかえひっかえ数時間遊んで、おいらの寝る時間が来てしまいました。
先ほどその時のメンバーの1人に会ったので話したら、その後もまだまだ続いたらしくて死にまくりの場面もあったそうな。いい感じっすねえ。

FFの時は野良PTが苦手だったおいらも、EQ2では野良グループも楽しいと感じる今日この頃であります。

ネコ、冒険する 

冒険の記録は死にマクリの記録ですか?
EQⅡは死んでも大して痛くないので思う存分死にマクリってわけですが。
死ぬとやっぱり経験はちょっぴり減るんだけど、ソロで普通に経験を稼げるので全然痛くない。この経験減るって言い方は実は間違ってて、保留経験値とかなんとかで借金が出来るみたいな感じ、要するに稼いだ経験は減らないけどこの後稼ぐ経験の何%かが借金返済に充てられて借金全額返済するまでそれが続くってイメージ。まあすぐ全額返済できちゃいます。
ちなみにこの借金返済、グループの誰かが死んだ場合は全員で返済する事になるので割とフェアなシステムだったり。死にやすい役割の人だけ痛い思いをするってワケじゃないっすね。


まずはグレイブヤードの死刑執行人サントス君です。枠付き(強いヨってコト)のレアポップ=NMっす。
近くで狩りしてたら絞首刑台のところに立っておりました。


我がライバルのカニさんです。でかすぎっす、泣きそうっす。負けたっす。
夜の2時頃限定レアポップのNMさんらしく、リベンジを果たす為に毎晩(ゲム内1日は1時間でし)通い詰めたのであります。インパクト最強な相手だったので。


普通のカニといえばこんくらいのサイズ。まだ可愛げがあるんだけどねぇ。
2ndの素材集めの時にも遭遇して、勝てるわけないってんで逃げたらNPCガードさん2名とガチ勝負になってたっすw通りがかりのプレイヤー2名も物珍しさからか参戦してぬっ殺してたっす。ガードさんとバトル中は救援状態になってアイテム入らなくなっちゃうんだけどね。


そして再び来襲。
違いは名前が緑色ってコト。こちらのレベルが1つ上がっているのでレベル差が離れたってワケ。さらにレベルを上げるとグレーの名前になって経験も宝箱も落とさなくなってしまうっす。通常アイテムだけ落とすただのザコになってしまう前になんとしても倒したかった。



リザルト:あぼーん

いや・・・これには・・・・ワケがありまして・・・・自分が馬鹿なのは変わらないんだけど・・・
戦闘中の画像でもわかるように良い体力の減らし具合だったのに・・・パワーもなんとかギリギリで勝てるなと思っていたトコロ、余計な考えが湧いてしまい、パワーもうちょい余裕をもたせるためにアレを試してみるかと思った。
「毒(病気)をくらわせて体力ジワジーワ減らしながら走って逃げ回るチキン戦法」

それやって、ダーッシュと走り出したら・・・
すぐ近くにいつのまにか別のレアポップがwwww
見事にからまれますた・・・ orz


カニさんの方は戦闘中じゃなければ朝までには消えてしまうようなので残念ながら再戦できず。しょうがないので恨みを晴らすためにもう一方のレアポップNM野郎を征伐するコトにした。
しかしコイツ半端じゃない強さであっさり返り討ちに・・・ザコ2匹のおまけ付きだし、NM1匹とのタイマンでも勝てる気がしない。

ここはアレっす。EQ2のウリのメンターシステム利用の助っ人コール。
メンターシステムは同じグループの自分よりレベルの低いメンバーに自分のレベルを合わせるコトが出来る超便利システムっすね。これを利用するコトで自分のレベルが上がってグレーの名前になってしまった弱い敵も経験の入る敵に変えるコトができ(95%とかになるので経験稼ぎ自体には使わないけど)勿論宝箱も出るのさっ。

いざ3v3のガチバトル。



あぼーん・・・
1人奮闘してるけど、おいら地面に埋まってるけど、まあ返り討ち・・・



全滅しようが死にまくろうが仕切り直して再戦再戦。慣れりゃあなんとかなるもんさ。

そんなこんなでなんとか征伐完了。
そら出た宝箱っ。中身はびみょーなモノだったけれど、色付き名前の状態で倒す事自体も目的の1つになってるのでまぁええわさ・・・



ここでもう1つ、EQ2の機能をご紹介。戦闘経験が入らないように出来るんすよ。
さっさとレベル上げて先へ進みたい人には無用かもしれないけどね。
何度も書いているように、敵とのレベル差がついて経験が入らない相手になった場合は宝箱も出さなくなるので、レベルを上げたくないって場面がおいらには頻繁に訪れていたりしますのね。
宝箱の中には良い装備とかのアイテムの他にも、生産のレシピ(他のプレーヤー出品のモノを買えば手に入るから自分で取る必要なしだけど)とか、その敵からのみ取れるクエストのトリガーになるアイテムとかも出るので、さっさとレベルを上げるよりもいろいろな敵から宝箱出したいなあって思っちゃうのさ。
何よりもおいらの場合は「カニさん」を倒すまでレベルは上げねえぜって感じになってた時期が長かった。しかしこれまた残念なことにあれ以来カニさんに会う事は無く、さらに追い討ちでコレクションというクエストで蛾のコレクションをコンプリートしたら大量の経験値が入ってしまい・・・レベルがあがってカニさんがグレーネームになるレベルに・・・
さよなら・・・カニさん。2ndでまた会いましょう(´;ω;`)



何ガンたれてんだゴルア
そして性懲りもなくあちこちで喧嘩を売りまくる日々なのでありました。


(勿論この後リベンジ完了)


たまに見かけるレベル25のグリフィン君。おいらにゃまだまだ遠いお話。
文字出てるのは走りまくってたんで地域の名前が表示されちゃってる。ゴミです。はい。

海の中まで大冒険。
前後左右の移動に上下が加わった自由空間です。雰囲気もいいのでダイビング禁断症状でまくりです。
海に関しては書ききれないの次回へつづくってコトにしといてくだつぁい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。