スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り伊豆喰い倒れツアー 

ええっと。またまたゲームとは関係ないわけですが。
しかもなんかね6月始めぐらいのネタwww 梅雨入り直前に梅雨前に1回行っとくかーみたいなノリで。
デジカメのメモリいじってたらこんなん写してたの思い出した・・・

まぁ一部の方々は知ってるのですが、定期的に伊豆メシ喰いツアーに行ってるわけです。コレは本当はダイビングに行きたいんだけど、潜らない知り合いしか都合付かないし、潜るの一人じゃアレだしって事で陸上ツアーにして、知り合いと海見に行ってメシ喰いまくるというモノでございまする。

今回も目的地は熱海&伊豆高原方面
<地図>
地図は適当にでっかくしたりして見るよろし。

最初の目的地は熱海の右下にポツンとあるちっこい島。初島であります。

島ってわけなので当然船に乗っていく事になるわけでし。乗る船はコレ。イルドバカンス3世号。バカンスっすよバカンス。まぁどうでもええか・・・


向こう側に見えるのは大島行きの高速船シーガル号。おもしろい形で結構カッコイイ。
(´Д` )イェア
大抵カモメだらけで手渡しでエサあげたりして遊ぶんだけど、この日は何故かカモメさんおりませんでした・・・ホバリングカモメ見れずちょっぴり残念。


熱海の街を背後に見ながら初島へ向けて出航。こちらも結構速い船で、初島は近いって事もあるので片道20分程度だったりするっす。
一応島で船にも乗っちゃうわけでダイビングツアーでも日帰り出来る唯一の島と人気ありましたです。はい。


伊豆の島行きの船と言われて思い出すのはお座敷ゴロ寝。こちらの船も小さいながらもゴロ寝スペースあるですよ。
当然大の字になってボーッとしてました。
最初は海見てトビウオ見てみたいにはしゃぐわけですが、2ケタ余裕で越えるぐらい来てると車の運転の疲れを癒す時間になるのでありました。


船の正面にちっぽけな初島が大分大きく見えて来た所。その右に見えてる大きな島が大島。
この日は雨上がりで空気がキレイだったこともあってこの後の車移動中は新島あたりも見えましたですな。午後は良い天気になって水蒸気のせいか急に見えなくなったけど。


初島に到着したらまっすぐお気に入りの食堂へ。いつもお世話になってる、さかや食堂さんです。
港から上がるとすぐに10数件の小ぶりな食堂が並んでるんだけど、このさかや食堂さんは一番奥なので一番遠いわけです。なんでいつもココなのかというと、一番奥はその先にあるダイビングサービスに一番近いという理由から利用して、んでもってメッチャ美味かったのです。まぁ他のお店の味は知りませんがw
店頭にある水槽には島で撮れたヤリイカとかアジとかイサキとかカワハギとかカサゴとk・・・・まぁいろいろ泳いでいて、当然捕りたての魚が食べれまする。
<さかや食堂さん紹介ページ>


こちらは料理が出来るのを待ってる間にサービスで出してくれる天ぷら。あした葉とイカの天ぷらですな。いつもはあした葉だけだったけど、今回はイカも付いて来たのでした。ありがたやありがたや。


同行者含めて3人揃ってカサゴのから揚げ定食を頼む。
イカ丸焼き定食とかもオススメだし他にもわんさか美味しいメニューあるけど、おいらは毎回コレ。
カリッカリに揚げてあってもの凄く香ばしくてウマイ。ヒレは勿論、アゴとか頭の表面は全部バリバリ食べれちゃう。このいかついカサゴ君も食後は背骨と頭の骨のみしか残りませんよ。
あとは岩ノリのお味噌汁もウマイっす。


こちらは追加で頼んだアジのタタキ。これも定番。店頭の水槽から1匹とっ捕まえてきてこんな姿になっちゃうのです。
実はほかの刺身や1品料理ではなくコレを頼む理由がありまして。


さっきのアジさんの頭と背骨は回収されてしまい・・・再度このような形で再会する事になるっす。
骨せんべい!
このお店でしてくれるもう1つのサービスであります。これもカリッカリで、出てきてすぐレモンをたらすとジュージューいってますわ。
アツアツの骨せんべいもココでは外せないメニュー。ここのから揚げや天ぷらはホントに美味いっすよ。


んで、すぐお隣は初島ダイビングセンターがあって目の前はダイビングのポイントになっちょります。
この日はシーズンでもない時期の平日とあって人はまばら。
ここからタンクを背負って目の前のビーチポイントに入って行くんす。


ダイビングのエントリーポイントはコンクリートでスロープが作ってあってなかなか楽チン。透明度もこの季節にしては良さそうですな。
熱海のすぐ近くといっても島は島。ここまで来ると透明度もバツグンに良いんで、はぁ?透明度20メートル?沖縄かよここは!みたいな時も結構あったりしちゃう。
まぁサンゴ砂の白い砂浜とは行きませんがね・・・岩場にいろいろな魚も見れちゃうし、岩場を抜けると白っぽい砂が1面に広がってて砂と岩場両方楽しめるポイントっす。


道端にはあちこちで無造作に「てんぐさ」が干してあります。ところてんの材料で伊豆の有名な産物のひとつですな。


帰りの船を待つあいだ、防波堤で釣りしてる人達を眺める。毎回「次回は釣りしよう」と話すが準備がおっつかずにいまだ達成されていない・・・
初島は写真のように猫がうじゃうじゃいるっす。で、このように釣り人の一挙手一投足を眺めておりまして。勿論狙いは釣り上げた魚。
小さい魚はキャッチアンドリリースではなく猫のご飯となるのは解るけれど、コイツらはそれでも満足できずに釣り人の獲物を横からかっさらうドラ猫軍団なのでありました。猫の手の届く位置に釣り上げた魚をぶらさげたり、間違って地面に魚を落としたらコイツらのどれかがくわえて猛然とダッシュして行く姿が見れちゃいます。


海も水も全然怖くないと見えてこんな所でくつろぐ猫も・・・ちょっと高い波きたら水かぶりそうだっての。
見てるこっちが怖いわ。


そして再び船にのって熱海に帰還。
午後は雲も晴れて良い天気でしたわぁ。


次の目的地は伊豆高原方面へ。先ほどの地図では熱海の下、伊東を越えて城ヶ崎と書かれた地。
城ヶ崎海岸の吊り橋と灯台に寄り道して、のんびりぶらつく。灯台の上からは空気のキレイな日だと三宅島とか見れるんだけどこの日は午後になってあまり見えなくなってしまってたです。


そして第2の目的地「海女の小屋」。
最初にダイビングで来て教えてもらってから10年弱経ってるわけだけど、今じゃ結構有名なお店で日曜祭日なんかだとかなり混んでたりしちゃうお店になりました。
ここのオススメはお味噌汁です。お箸と大きさ比較してもらえばわかると思うけど、ちっこいお椀じゃなくて、どちらかというとラーメンドンブリに近い巨大なドンブリで出てくるのです。種類も豊富で、写真は魚の団子汁。他にも岩ノリやらアラ汁やらハマグリ汁やらいろいろな中から選べるっす。


こちらはおいらのカニ汁。おいらは大体これ頼むっす。
大きなカニ。ガザミですな。これがまるまる1匹ぶん入ってる、っていうか入りきってない。


あとはお刺身。なんかあり得ない厚切りなのもチラホラ。
こちらの厚切りのほうはお刺身は薄めのほうがええと言う人もたまに居るけど、まぁ美味しいですぜ。
その日港で捕れた魚の日替わりメニューなんかもオススメでし。



そろそろまた喰いに行きたい頃なので近々行くかもー。なぐらい日数経ってしまったネタだったけど勘弁っす。

コメント

さすがにジムニーの維持費が月5万になったらハサーンしちゃうので、とうの昔にオサラヴァしたヨ・・・

えっ?! ウチ(1LDK)の家賃59000円やで・・。やばいなーーー!wウチ駐車場に毛生えたようなもんやなぁ!ジムニー売ってもーたん?

んご。もしかして超困らせるから通常の3倍のスピードでエアが無くなるんじゃないのかwwww
どっか潜りたいけど、1年の大半は水の冷たい伊豆に招くのはなかなか厳しいさね。南の海感覚で暖かく潜れるのは7月から9月ぐらいの短い期間かな。7月はちょっぴりまだ水冷たいけど陸上は暑いからなんとか。10月は水はまだ温かいけど陸上あがると寒いわね。ドライスーツあれば1年中素敵に潜れるけど慣れないとウエットスーツみたいに楽ちんにはならんしね。連休取れたら沖縄とかまた行きたいのう。
んでもってカサゴにカニ汁うまそーだべー。まぁレンタカー借りて高速代払って結構金かけてたり・・・それでも定期的に行きたくなるぐらいうまいのさ。
前みたいに自分の車あればもうちょっと気軽なんだけど・・・今の棲家の周りは駐車場月5万円近いのだ!レンタカーの方が遥かに・・安・・い・・・

うまそう。超うまそう。

すんげぇ楽しそう!!!!!ネコいいね。ネコらしくてw
透明度20mなんて経験ナイヨー。まぁ、ダイブ経験自体が少ないしフィリピンしか知らないからしゃあないけど・・・。おまけにビーチエントリーも経験なし!ボートでドボンのみ!
いつかナルインストラクターを超困らせながらどっか潜ってみたいなぁ。ポロのエアーは通常の3倍のスピードでなくなるのでそこんとこヨロシク!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naru0.blog58.fc2.com/tb.php/40-92324f4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。