スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザとただの風邪の差とわ 

知り合いと会話中気になったので調べてみた。

症状としてはインフルエンザだとやはり高熱が出るらしい。
また、いきなり熱やら倦怠感やら関節痛やら筋肉痛やらが来て、あとから喉の痛みやら鼻水やらくしゃみやら咳やらがやって来る傾向があるそうな。
ただの風邪の場合はのどの痛みや鼻水から始まって、全身の倦怠感やら筋肉痛は普通出ないとの事。

というわけで、おいらはインフルエンザほぼ確定。

正確なところだと本日で5日目の闘病歴になりっます。
初日  熱っぽい、だるい、頭関節筋肉痛い
2日目 同上
3日目 喉痛いのが加わる。多少だるさはおさまったかな。熱はあるっぽい。
4日目 激しい鼻水襲来。熱は若干あるっぽい。
5日目 くしゃみ鼻水が激しくうざい。後半はちょっと咳っぽくなてきた。熱はおさまったっぽい。

この後は鼻づまりに移行した後、1週間以上咳が残るというお決まりのパターンかと思われます。

まぁインフルエンザだったとしても・・・病院行かないし、仕事も休めないよ?
まぁもう峠は越えましたばい。

インフルエンザ情報サービス:インフルエンザと“かぜ”(普通感冒)のちがい

コメント

うう。死にますよとか言われて生きて帰って来たツワモノハッケン。
とりあえず今回は予定通り鼻づまりに移行して体は普通に動くようになってきたので完了。来年あたり次回があったら病院行くかはその時考えます・・・ちゅかそちらも医者の言う事きこうね・・・よっぽど怖いよ・・・
まぁお互い死なない程度に頑張るって事で。
今回の収穫として、ちょろたんに「お大事に♪」とか言われても動じない抵抗力が付きました。めでたしめでたし。
んでもってバフォはんの方へも足跡ぺたぺたしに行きますた。
たがみはマイナーどころのフェダーインとか滅日とか化石の記憶とかもイイ。メジャーなところだと同じくなあばすとか我が名は狼とかかな

リンクしますた、足跡も残した。体だけは気をつけてください。
俺もたがみよしひさ好き、依頼人から一言とかナーバスブレイクダウンとか
なんとなく哀愁があってイイ

自分も今年の正月、医者があくまでの五日間、高熱と体中の間接の痛み、そして鼻水、のどの激痛を放置した後、親に連れられていった医者で聞いたのは「ウイルス性の風邪なら自然治癒がありえる(抵抗力の差で治るまでの期間が決まるわけやね。もちろん体弱い人は治せない)でも、そうじゃなく気管支炎だとかになってしまうと、もう自然には治らない。アンタは既に気管支炎だし肋膜に影があるから、その辺を頭にいれておきなさい」とこっぴどく怒られました。そしてその日は飛行機で帰る日だった訳ですが「帰るのは無理です。死にますよ」とか言われながら生きて帰ってきたわけですな(´_ゝ`)
何が言いたいかと言うと、医者に行け、と。東京の繁華街の医者ならすぐに点滴やら注射やらの即効性のある治療してくれるだろ。(ちょろの実家のまわりは老人が多いから、即効性はあるけど体に負担のかかる注射とかは、なかなかしてくれない)体にはやさしくないけど、それだけでも結構違うよ。
何度も言うが、「昔からそうしてるから大丈夫」は年々通用しなくなるってことを思い出せ!!!お大事に♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naru0.blog58.fc2.com/tb.php/6-4a27acb3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。